【DMM英会話 162 回目】

本日のTeacherは、超仲良しのボスニア人女性。弁護士の卵である。

ところで、いつ頃からか、この人を美人と形容詞しなくなっているオラ!?

美形には違いないのだが、他の要素に魅かれて、クラスを継続受講している、ということか。

いずれにしても、本日が12回目のレッスン。


今日は、ラーメンを食べに出かけた以外は、仕事もせずに、Oku-chamaの来週に迫ったセミナーの準備で一日を過ごした。従って、レッスンの内容は、同セミナーの話ばかり。


Oku-chamaもこのTeacherを受講しているので、その盛り上がりようは、半端ではない。オラもTeacherも絶叫状態で、言いたいことを言い。都度、大爆笑!!


同セミナーは、当初、オラにオファーが来たモノであったが、対象者が英語学習の初心者、ということで、Oku-chamaに押し付けたものなのです。


が、Teacherには、冗談ばっか言って不真面目だから、主催者がオラを首にし、Oku-chamaにお鉢がまわったという説明をしてあるのです。

となると、Teacherは、オラをからかうことが至福のときとなるのですな。


まあ、これもよし。おもろいから、このまま続けましょう。